首都圏物流グループの強み 社員を守るための安全衛生活動

安全衛生委員会の目的

首都圏物流グループでは、グループ全体の安全衛生活動を統括する安全衛生委員会を設置しています。
安全衛生委員会は、衛生に関する規定や衛生教育、
医師の健康診断の結果に対する対策、従業員の健康保持増進に必要な措置や計画、
事業環境における健康障害の防止など、安全と健康に関する施策の企画立案と管理を行います。

安全衛生委員会 委員長

安全衛生委員会の取組み

  1. 労働環境管理の取組み

    労働環境管理の取組み

    労働環境管理の取組み

    ・安全衛生パトロールの実施と管理
    ・5S活動

  2. 安全作業管理の取組み

    安全作業管理の取組み

    安全作業管理の取組み

    ・安全衛生年間計画に基づく、積込み納品時の安全指導を実施
    ・労働災害発生時の対応、聴聞会による検証を実施

  3. 健康増進管理の取組み

    健康増進管理の取組み

    健康増進管理の取組み

    ・定期健康診断の実施と管理
    ・血圧測定の実施と管理
    ・ストレスチェックの実施
    ・長時間労働者の面談
    ・睡眠時無呼吸症候群(SAS)スクリーニング検査の実施と管理